DVDを売る際の注意点

DVDを売るときはどのような点に注意して買取ってもらえばよいのでしょうか?注意点をまとめてみました。

DVDを売る際の注意点

不要になったDVD、その処分の仕方に迷う人も多いのではないでしょうか。
これら製品はそのまま処分してしまいがちですが、DVD買取の専門店に売ることで現金をゲットできる可能性があります。
そのためにはいくつか注意する点がありますが、以下でその方法を紹介します。

ディスクの盤面に状態について

ディスク
不要になったDVDを、DVD買取の専門店に売却する前に、ディスク盤面の状態について確認しておきましょう。
特に問題がなければ大丈夫ですが、もし盤面上にキズがついているときは注意する必要があります。
DVDディスクの盤面にキズがついていると、読み込み不良といったトラブルを引き起こす可能性があるからです。
仮に読み込み不良などのトラブルが発生してしまうと、他のディスクにも大きな被害が生じてしまうことも考えらます。
そのため買取店の中には、買取自体を拒否するところもあるようです。
このようにDVDの盤面にキズがついていると、高い価格で売ることが難しくなるだけでなく、売却自体ができなくなってしまうこともありますので注意しておきましょう。
キズなどがつかないよう、日頃から管理をしっかりしておくのも1つの方法です。

説明書や歌詞カードなどについて

DVD製品を売る場合、ディスク本体も大切ですが、それ以外に、説明書や歌詞カードなどの付属品も査定に大きく影響してきます。
付属品というと、上記の説明書や歌詞カードの他に、製品が入っていた箱やケース、保証書、商品タグなどもあります。
これら付属品は捨ててしまいがちですが、付属品の有無によって買取価格に大きな差がついてしまうこともあるのです。
もちろんそれら付属品がなくても買取自体は可能ですが、一通りの付属品が揃っている場合と比べて、どうしても買取価格が抑え目になってしまいます。
このように、実際に付属品があるかないかによって買取価格が大きく変動しますので、売る前にもう一度確認しておきましょう。
ない場合は、机の引き出しや押し入れなど、思い当たる場所を探してみてください。
また、これら説明書や歌詞カードとは別に、初回限定品や生産限定品など、特別の特典があればさらなる査定アップを期待できます。

DVDが入っていたケースについて

DVD
DVD製品を売る場合、ディスクが入っていたケースにも着目してください。
DVDケースは付属品になりますが、いくらそのケースがあったとしても、キズがついていていたり割れていたりするとマイナス査定になっています。
これは、売却した製品をイメージしてもらえれば分かります。
中古品を購入するユーザーは、実際に販売されているDVD製品の見た目がキレイであるかどうかを重視しています
当然のことですが、見た目がキレイな方が高く売れる可能性が高いです。
そのため買取においても、ケースに破損がないような美品状態で査定を受けることが大切なのです。
ディスクが入っていたケースにキズなどがある場合は、買取価格が下がることもありますので注意しておきましょう。
売る前や査定を受ける前に、もう一度必ずチェックしておくといいでしょう。
そしてそれが汚れなど補正できるものであれば、メンテナンスしてキレイな状態に仕上げておいてください。
そうすることで、査定アップを期待できます。

不要なDVDは高く売れる可能性があります

不要になったDVD、そのまま処分している方もいるかもしれません。
しかし、DVDの状態次第では高値で売れることもありますので、一度買取店の査定を受けてみることをオススメします。
その場合、いくつか注意する点もありますので、チェックしておきましょう。

おすすめのDVD買取業者

DVD買取ならバイキング!様々なお得なキャンペーン実施中!
バイキング
DVD/Blu-rayを高価買取! | 簡単スピード査定!宅配買取ならBUY王!箱に詰めて送るだけ
■https://www.buyking.club/items/dvd